座骨神経痛とは

座骨神経痛という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、実際にどんなものなのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

座骨神経痛は、お尻から脚の後ろ側がしびれたり、痛みが出たり、麻痺が出ることもあります。

座骨神経は腰から骨盤、お尻を通って足の指先まで通っている神経のことを言います。

太さはペンくらいあるそうで、一番太い神経なのだそうです。

太ももと足の筋肉を支配していて、歩いたり、、体のバランスをとる働きをしています。

この神経が何らかの原因で圧迫されたり刺激されたりして痛みやしびれが出る症状のことを座骨神経痛を言うのです。

座骨神経痛が起こる原因や主な症状、症状が出た時にどんな治療をするのか、などを調べてみましたのでどうぞ参考にして下さい。

不快な症状で悩んでいる人も、座骨神経痛かどうか自分なりにチェックしてみると良いでしょう。

◇参考サイト:坐骨神経痛の情報サプリ