新築そっくりさんの流れ①資料請求~見積り

新築そっくりさんの概要がわかったところで、実際に工事が完了するまでどのような流れになるのでしょう。

①資料請求

まずは新築そっくりさんの詳しい内容や施工事例が掲載されたカタログを請求しましょう。

カタログはホームページから請求できます。

②モデルハウスや現場見学会へ

全国各地で行われているモデルハウスや現場見学会へ行ってみましょう。

工事中の物件や完成した家を見て実際のリフォームを体験できます。

現地には専門の係員がいるため、その場でわからないことは何でも質問しましょう。

③建物診断・耐震診断

現在の建物の状況がどうなっているかを、間取りを図面に起こしてチェックしていきます。

基礎の部分や柱・床の傾き・雨漏りなどを診ていきます。

また、耐震診断も行います。

診断は現況で壁のバランスなどをチェックした後にコンピューターに入力することにより、どの程度耐震壁を増設したらいいかなどの数値を割り出すことができます。

※断熱材と遮熱材について・・・http://news.mynavi.jp/kikaku/2017/02/14/005/

④プランの検討・見積り

耐震診断の結果と要望をすり合わせ、サービスエンジニアがプランを作成します。

作成したプランを元に、図面による提案と工事価格の見積りを出します。

サービスエンジニアは工事中も引き渡しもすべて一人で担当してくれるため、この段階で納得がいくまで話を詰めることが大切です。

また、ローンなど、資金面の相談もこの段階で行います。

①~④まではすべて無料で行うことができます。

最適なリフォームを実現するために、無料でできることは掘り下げて行うことがリフォーム成功の第一歩です。