ニキビにはいくつか種類がある

アグネスは基本的にどんなニキビでも治療できるといわれていますが、そもそもニキビにはいくつか種類があるのを知っていますか?

ニキビの種類についてまとめました。

●白ニキビ、黒ニキビ

ニキビの初期段階は白ニキビと言われます。

過剰に分泌された皮脂や汚れ、老廃物で毛穴がつまることで白く膨らみ、白ニキビとなります。

また、白ニキビが空気に触れることで酸化すると黒ニキビになります。

白ニキビや黒ニキビの段階ではまだ炎症が起きていないので治療がしやすく、治療しても短時間で済みます。

ニキビ跡も残りにくいといわれています。

跡残りはイヤですよね。ニキビ跡について詳しく知りたい方はこちらどうぞ:https://matome.naver.jp/odai/2143250887808708401

●炎症性ニキビ(赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビ)

黒ニキビが炎症を起こして皮膚の表面が赤くなると赤ニキビと言われます。

炎症は起きていますが、初期段階なので赤ニキビは比較的治療がしやすいと言われています。

赤ニキビの炎症がさらに進み、膿がたまった状態を黄ニキビと言います。

黄ニキビになると痛みがあり、炎症がどんどん悪化していきます。

この状態まで進行してしまうと、跡になる可能性が高くなります。

さらに黄ニキビから進行し、重度のニキビになってしまったのが紫ニキビと言われます。

黄ニキビの炎症が進んで出血してしまうと、血と膿が混ざって皮膚の表面が紫色に見えます。

紫ニキビはニキビの中でも最悪の状態で、治療しても色素沈着やクレーターとして残ってしまうことがあります。

●アグネスはどのニキビにも効果があるが、できるだけ初期段階での治療をおすすめ

アグネスでのニキビ治療は白ニキビから紫ニキビまで、どのニキビでも効果が出るといわれています。

ただし、いちばん治療がしやすく跡も残りにくいのは白ニキビの状態です。

できるだけ早い段階でアグネスのニキビ治療を受けることをおすすめします。

Comments are disabled